1. Home / 
  2. 持続可能性 / 
  3. 私たち自身の歩み

私たち自身の歩み

私たちはカーボンフットプリントを最小限に抑えるよう努力しています。私たちの持続可能性の歩みをフォローしていただき、私たちの環境への影響を減らすために精力的に取り組んでいる様子をご覧ください。ヘレウス・エレクトロナイトがどのように野心的な目標、エネルギー最適化、透明な報告を通じて積極的な変化を推進するために尽力しているかをご覧ください。

明確なコース

ヘレウス・エレクトロナイトでは、私たちは変化をもたらすことに専念しています。そのため、私たちは2030年までに2021年比でスコープ1およびスコープ2の温室効果ガス排出量を42%削減するという目標を設定しました。次のステップとして、当社は気候科学に基づいた短期間の全社的な排出削減目標を設定することを約束しています。

エネルギー消費の最適化

持続可能性は、私たちの事業の核心に位置しています。厳格な持続可能性に対するイニシアティブを通じて、私たちは生産効率を最適化するために絶えず努力しており、2030年までにエネルギー使用量を20%削減することを目標としています。当社のカーボンフットプリントをさらに削減するために、2030年までに電力消費の50%を再生可能エネルギーで賄う目標で、当施設に太陽光発電を導入して投資を進めています。

スコープ3排出量の透明性の提供

透明性の擁護者として、私たちは説明責任を果たすことを信条としています。当社の持続可能性に関するロードマップは、自社のスコープ1およびスコープ2の排出量を記録し、削減するための指針となっています。過去2年間で、当社はスコープ1およびスコープ2の排出量をすでに6%削減することに成功しました。

「脱炭素化は私たちの業界におけるメガトレンドの一つであり、その取り組みをお客様が行う際に支援できることを光栄に思っています。それと同時に、持続可能性を目指す歩みの中で、私たち自身も変革を遂げなければなりません。これには包括的なアプローチが必要であり、プロセス、製品、そしてマインドセットを調和させ、持続可能性を事業のあらゆる側面に統合することが求められます。 

排出削減や効率向上に向けた私たちの小さな一歩は、より安全で持続可能な未来への大きな歩みの中で重要な意味を持ちます。すべての段階が重要なのです。」 

Kristin Adriaensen 
Sustainability Coordinator Heraeus Electro-Nite