1. Home / 
  2. 鋳物業界 / 
  3. 鋳造ソリューション / 
  4. 温度測定技術

温度測定技術

鋳鉄生産中において、迅速で正確、信頼性の高い溶融金属温度の読み取りは、費用対効果の高い温度制御にとって不可欠なツールです。ヘレウス・エレクトロナイトから提供される高性能な消耗型温度センサーは、各種サーモカップルタイプ、プローブ長さ、浸漬ランスを多岐にわたり揃えており、すべてのプロセスアプリケーションに適合します。

さらに、ノンスプラッシュタイプでオペレーターの保護を強化し、鋳造工場での使用や重要な用途のために、多重浸漬デザインも用意されています。

鉄鋳造において、連続的な温度センシングが一般的になっています。ほとんどの場合、Contitherm(またはContitherm lite)センサーはタンディッシュのストッパーの近くに設置されます。

浸漬ランスのセンサー

  • 消耗型:Positherm®, Positherm® Non-Splash
  • 多重浸漬型:XT, MultiTip, Multi-Stik, Maxi-Stik, ENTHERM, NSL, IF

機器:Digilance V, DigiTemp-E

連続温度

鉄鋳造において、連続的な温度センシングが一般的になっています。ほとんどの場合、Contitherm(またはContitherm lite)センサーはタンディッシュのストッパーの近くに設置されます。

センサー: CasTemp® Foundry, Contilance®, Contitherm®

機器: CasTemp® Wireless, Conti-Lab E

Digilance V

Digilance Vは、現在利用可能な溶融金属アプリケーション向けの最新かつ最も高度なポータブル温度計です。